アメリカのペットフードからサルモネラ菌検出

アメリカのFDAは2022年8月5日、Darwin’s Natural Pet Foodが製造するペットフードからサルモネラ菌が検出されたと発表しました。検出されたのは次の2製品になります。

「Darwin’s Natural Pet Products Natural Selections Antibiotic & Grain Free Chicken Recipe for Cats」
  ロット番号:9116
  製造日:2022年5月2日

「Darwin’s Natural Pet Products Natural Selections Antibiotic & Grain Free Turkey Recipe for Cats」
  ロット番号:9121
  製造日:2022年5月4日

アメリカのペットフードなので日本で使っている人はいないと思いますが、念のため記事にしました。このペットフードを食べた猫は嘔吐、下痢、発熱、食欲不振などの症状が出る可能性があります。もしこのペットフードをお持ちの場合は、猫に与えないことをおすすめします。また既に与えてしまった場合は、ペットフードが触れた容器などを丁寧に洗うことをおすすめします。

Darwin’s Natural Pet Foodの見解

https://www.dailypaws.com/pet-news-entertainment/food-product-recalls/darwins-natural-pet-food-raw-cat-food-salmonella-fda

によると、FDAはごく微量のサルモネラ菌を検出しただけであり、独自の検査ではサルモネラ菌は検出されなかったことから、安全性に問題はないという主張をしているようです。なので、既に食べさせてしまった場合でも過度に心配する必要はないのかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする